食欲抑制剤MDクリニックと脂肪燃焼ヤンヒーの入手方法について

リンク

食欲抑制剤MDクリニック・脂肪燃焼ヤンヒーの処方薬の入手方法について

直接タイに行って食欲抑制剤MDクリニック・脂肪燃焼ヤンヒー病院で診察を受けて処方してもらうのが確実ですが、手間やお金・言葉の壁などを考えると色々とハードルが高くちょっと現実的ではない気もします。

あとは「個人輸入」という方法があります。
個人輸入という言葉はあまり聞き慣れないものですが、簡単に言えば「個人の使用を目的として海外の商品を取り寄せること」です。
ただこれも直接現地で購入するのと同じように、言葉の壁や税関の手続きなど色々と手間がかかり面倒です。

そこで今最もポピュラーな方法は個人輸入代行サイトを利用することです。
色々と面倒な個人輸入に必要な手続きなども全て個人輸入代行サイトにやってもらえるので、普通にネットでショッピングをするのと同じ感覚で食欲抑制剤MDクリニック・脂肪燃焼ヤンヒーの処方薬を手に入れることができます。



参照元:食欲抑制剤MDクリニック 通販ショップ ランキング


個人輸入代行の手数料は?

どこの輸入代行のお店も、事前にもらった依頼主の情報を持って実際に病院に行って処方してもらい、それを発送しています。
毎回買いにいく手数料や海外からの発送になるので輸送費や関税などもかかってきます。

どこのお店も商品代金にすべての手数料を込みでサービスを行っているのが一般的なようです。
なので商品代金だけで問題ないと考えておいて良いでしょう。

処方薬はどうやって届く?

海外から届くので国際郵便で配達されます。外装は茶色い封筒で外観からはお薬だとはわからないようになっています。
また、国際郵便の為配達日の指定は出来ません。受け取れなかった場合は不在表が投函されますので、受け取れる希望の日に再配達の依頼をすれば良いでしょう。

食欲抑制剤MDクリニックや脂肪燃焼ヤンヒーの処方薬を注文しても違法じゃない?

はっきり言います。違法ではありません。
食欲抑制剤MDクリニックや脂肪燃焼ヤンヒーの処方薬の中には日本国内で承認されていない医薬品成分が入っています。
でも個人輸入という方法であれば輸入し使用するのに法的な罰則はありません。 あくまでも日本国内で製薬会社が薬を販売する際の承認なので輸入した薬は対象にならないんですね。

ただ、あることをすると違法になり罰則の対象になりますのでご注意ください。
・個人輸入した医薬品を第三者に譲る
・個人輸入した医薬品を国内で販売する

上記は薬事法違反となります。
先日サノレックス(マジンドール)を中国人に不正譲渡したとして六本木クリニックの医師が逮捕されていましたが、これは「医薬品を第三者に譲る」に該当するわけです。
あくまでも個人の使用目的で購入しましょう。

Copyright(C) 食欲抑制剤MDクリニックと脂肪燃焼ヤンヒーの効果及び健康被害のまとめ All Rights Reserved.