MDクリニックとヤンヒーの効果及び健康被害のまとめ

ダイエット薬について

ダイエット薬、ダイエット処方薬ってなんだろう?

ダイエット処方薬とはダイエット専門の外来をもつ病院で処方されるダイエットのための薬です。ダイエット系サプリのような補助的なものではなく、痩せることを目的としてそれに特化しているので、飲むだけでダイエット効果が期待できるのが大きな特徴です。

MDクリニックってなんだろう?

今ネットで無理なく楽に痩せられると話題のダイエットが【MDクリニックダイエット】です。
“クリニック”と付いているのでピンとくる人もいると思いますが、このダイエットはタイの美容を専門とする病院『MDクリニック』で処方されるダイエット薬を使った今最先端のダイエット方法です。
最大の特徴は、服用する人の身長や体重・性別などで効き目を2~16までのレベルで選べること。
ただしダイエットの補助的なサプリとは違って、ダイエット専門の病院処方薬なので個人差はありますが副作用もあります。

自分の体質や体調などと相談しながら用法用量を守って服用することが大切です。不安だったり分からないことがあったら購入した個人輸入代行サイトの窓口に相談してみるのもいいと思います。

参照元:痩せる薬で有名なヤンヒーやMDクリニックなどのダイエット薬の通販のお店 スワイ

ヤンヒー病院って何?

ヤンヒー病院はタイのバンコクにある美容専門病院で、世界のセレブやモデル・芸能人などが利用している世界でも指折りの美容専門病院だそうです。そのヤンヒー病院のウェイトコントロール科で出されているのがヤンヒーダイエット処方薬です。その効果と人気の高さからタイでは「ダイエット薬ならヤンヒー」と言われているほどだそうです。

参照元:バンコク観光情報サイト COOL Bangkok

MDダイエットとヤンヒーダエイットはどこが違う?

MDクリニックダイエットの特徴は服用することで食欲を抑えてくれること。
「間食がやめられない!」
「暴飲暴食しがち…」
「食事制限はストレスがたまる!」
なんていう人にはオススメのダイエット方法だと思います。
とは言っても、全く食欲がなくなってしまうわけではありません(笑)。

大丈夫、普通にお腹は空いてきます。
ただダイエット前と比べて食事量が減ってくるので「あれ、私こんなに少食だったっけ?」と不思議に思うかもしれません。

一方、ヤンヒーダイエットは基礎代謝を促して脂肪や摂取したカロリーを燃焼させるのが特徴です。
男性に比べて筋肉量が少ない女性は代謝が低いため、同じ運動をしても痩せにくいものですよね。
ヤンヒーの処方薬の作用でその代謝が高まるので、極端な話、無理に運動をしなくても普通の生活をしているだけで運動をしているのと同じくらいのカロリー消費を期待できるというわけです。

ダイエット系サプリとMDダイエットとヤンヒーダエイットの違いは?

「サプリメント」という言葉は英語で「補う」という意味で、栄養を補う物質・食品などとして日本では位置づけられています。
要は“補助的な役割をもった食品2というわけですね。
テレビや雑誌などで紹介されているダイエット系サプリメントは脂肪吸収を抑えたりする効果を謳ってはいますが、結局は現状を維持する、もしくはダイエットの補助的な役割に留まっています。

それに対してダイエット処方薬は医薬品です。

つまり「薬」。

薬は効果や効能を重視し、科学的根拠や臨床試験を経て作られたものです。
MDクリニックやヤンヒー病院の処方薬は元々肥満の治療を目的として作られた薬です。
なので薬として特定の症状に対して効果・効能を発揮しダイエットを促すものなので、補助的な役割としてのサプリメントとは全く違うものなんです。
サプリメントでダイエット効果はありません。

参照元:ダイエットサプリに月15万円つぎこんだ悲惨な結末【元アイドル22kgヤセへの道】