病院処方のやせる薬MDクリニックとヤンヒーの効果及び口コミのまとめ

やせる薬ダイエット薬について

やせる薬って本当にあるの?

一般的には知られていませんが「飲むだけで痩せる薬」というものがあります。

雑誌などに広告が掲載されているダイエット商品は全て「サプリメント」つまり健康食品に該当するものです。
ご経験者も多いと思いますが、サプリメントにはほとんどダイエット効果はありません。

その経験から「飲むだけで痩せる商品なんかない」と思われている方が多いと思います。
実はその情報は間違いです。
海外にはダイエット専門病院というものがありそこで処方されるお薬がやせる薬、ダイエット薬になります。
こちらはサプリメントとは異なり、肥満を治療するための医薬品になります。

やせる薬は日本では買えないの?

実は日本でもダイエット薬は購入できるところがあります。 湘○美容外科などが有名ですが、実際に病院に行って受診が必要ですしとても高額になります。
また海外のダイエット薬に比べ日本国内で処方されるダイエット薬は効果が弱く「確実に痩せる」とは言い難いものになっています。

海外の病院の薬ということでハードルが高く感じられるかもしれませんが、HPから依頼をすれば注文者に代わり薬を処方して郵送してくれる「個人輸入代行サービス」を行っているサイトも多数あります。
そのようなサイトを活用してみなさん海外から効果の高いダイエット薬を輸入しています。

やせる薬は危なくないの?

もちろん医薬品なので使用方法を誤ると健康を崩す等のリスクはあります。
風邪や喘息の薬などもそうですし、最近話題の集中力を高めるスマートドラッグ(カフェイン)もそうですが多量摂取すれば薬は毒にもなります。
薬ごとに定められた用法容量をよく守り、薬の作用を良く理解した上で、上手に服用することがなにより大切です。

また余談になりますが、芸能界ではやせる薬はポピュラーで、特にモデル、役作りの為に短期間で痩せたりしなければいけない役者などの間ではよく使用されています。
特に売れてくると、1クールごとにドラマで配役が決まり、その役に合わせて体重の増減をしたり、またその間で映画の撮影など多忙を極めてしまいます。
女性タレントだけではなく、最近では男性タレントでも使用者が多いとお聞きします。
体系管理が仕事のような芸能人ですから、一般の方と同じように長時間かけてゆっくりとダイエット、というような方法は取れないのかもしれません。

やせる薬は種類はあるの?

ダイエット専門科のある病院も様々ですからダイエット薬もその数だけあります。
その中でも特にやせる効果が高いと言われているのが「MDクリニック」と「ヤンヒー病院」で処方されるやせる薬です
SNSでも話題になっていますね。 同様に痩せる薬として有名なのが、食欲抑制のリポドリン、リデュースなどがあります。
当サイトでは特に効果の高いと言われている「MDクリニックダイエット」「ヤンヒーダイエット」について説明していきます。

MDクリニックってどういう薬?

今ネットで無理なく楽に痩せられると話題のダイエットが【食欲抑制剤MDクリニックダイエット】です。
最大の特徴は、お薬の強さ(レベル)を2~16まで選んで処方してもらうことが出来ることです。

MDクリニックダイエットの主な効果として食欲抑制効果があります。
その名前の通り、服用すると食欲が抑えられることで食事量が減少、食べることを我慢することなくダイエットが可能です。
我慢するストレスもない為、リバウンドしにくいダイエット薬としても有名です。
また同じくMDクリニックから処方されるお薬で「利尿剤」というものがあります。
身体中のよけいな水分を尿として排出させる効果があるので単純に水分が抜けるだけと思われるかもしれませんが、実はダイエットにおいて水分過多の状態は代謝が落ちていてとても痩せにくい状態にあります。
その状態を改善し、痩せやすい状態を作る為にも利尿剤は大事な役割をはたしています。

自分の体質や体調などと相談しながら用法用量を守って服用することが大切です。不安だったり分からないことがあったら個人輸入代行サイトの窓口に相談してみるのもいいと思います。

参照元:やせる薬で有名な脂肪燃焼ヤンヒーや食欲抑制剤MDクリニックなどのダイエット薬の通販のお店 スワイ

ヤンヒー病院って何?

ヤンヒー病院はタイのバンコクにある美容専門病院で、世界のセレブやモデル・芸能人などが利用している世界でも指折りの美容専門病院です。
また性転換手術でも有名ではるな愛さんやKABAちゃんが性転換や美容手術を行った病院です。
著名人が利用していることから病院の安心度がわかりますね。

そのヤンヒー病院のウェイトコントロール科で出されているのが脂肪燃焼ヤンヒーダイエット処方薬です。その効果と人気の高さからタイでは「ダイエット薬なら脂肪燃焼ヤンヒー」と言われているほどだそうです。

ヤンヒーダイエットの主な作用としては身体の代謝を上げ、脂肪燃焼と痩せやすい身体を作る効果があります。

参照元:バンコク観光情報サイト COOL Bangkok

MDダイエットと脂肪燃焼ヤンヒーダエイットはどこが違う?

先にも軽くご説明しましたがMDクリニックダイエットの特徴は服用することで食欲を抑えてくれること。
「間食がやめられない!」
「暴飲暴食しがち…」
「食事制限はストレスがたまる!」
なんていう人にはMDクリニックダイエットがお勧めです。

服用するとダイエット前と比べて食事量がかなり減ってくるので「あれ、私こんなに少食だったっけ?」と不思議に思うかもしれません。

一方、脂肪燃焼ヤンヒーダイエットは基礎代謝を促して脂肪や摂取したカロリーを燃焼させるのが特徴です。
男性に比べて筋肉量が少ない女性は代謝が低いため、同じ運動をしても痩せにくいものですよね。
脂肪燃焼ヤンヒーの処方薬の作用でその代謝が高まるので、極端な話、無理に運動をしなくても普通の生活をしているだけで運動をしているのと同じくらいのカロリー消費を期待できるというわけです。

上記のように作用する内容が異なるので、まずはヤンヒーダイエットで代謝と痩せる身体のベースを作って、それからMDダイエットで食事量を落としダイエットを成功される方が多くいらっしゃいます。

ダイエット系サプリとMDダイエットと脂肪燃焼ヤンヒーダエイットの違いは?

「サプリメント」という言葉は英語で「補う」という意味で、栄養を補う物質・食品などとして日本では位置づけられています。
要は“補助的な役割をもった食品2というわけですね。
テレビや雑誌などで紹介されているダイエット系サプリメントは脂肪吸収を抑えたりする効果を謳ってはいますが、結局は現状を維持する、もしくはダイエットの補助的な役割に留まっています。

それに対してダイエット処方薬は医薬品です。

つまり「薬」。

薬は効果や効能を重視し、科学的根拠や臨床試験を経て作られたものです。
食欲抑制剤MDクリニックや脂肪燃焼ヤンヒー病院の処方薬は元々肥満の治療を目的として作られた薬です。
なので薬として特定の症状に対して効果・効能を発揮しダイエットを促すものなので、補助的な役割としてのサプリメントとは全く違うものなんです。
サプリメントでダイエット効果はありません。

参照元:ダイエットサプリに月15万円つぎこんだ悲惨な結末【元アイドル22kgヤセへの道】